軽井沢現代美術館

ABOUT

About美術館について

コンセプト

海画廊では、「海を渡った画家たち」の足跡を追っております。20世紀初めのパリ、そしてニューヨークでさまざまな革新的な美術運動が起こり、その影響を受け、諸外国へ活動の拠点を求めた日本人アーティストは300人とも500人とも言われております。日本がまだ貧しかった当時、異国の地において、心血を注いでの制作が海外で高い評価を受けた画家たちには心動かされるものがあります。1917年に渡仏した藤田嗣治は、1930年代エコール・ド・パリの寵児となります。この成功期にフジタに続けとパリに渡った画家たち。そして、やがてパリからニューヨークヘと新しい美術運動の拠点が移っていきます。当館のコレクションは長きにわたりその双方で制作し、発表し続けながら、高い評価を受けながらも、日本に帰ることを忘れた画家たちの作品を中心に集めております。パリでは藤田嗣治、菅井汲、長谷川潔、木村忠太。ニューヨークでは草間彌生、荒川修作などが核になっております。一方、国内においても同じように革新的な美術運動を実践した画家たちも多く存在します。私たちは革新者として広く世界の美術運動に身を投じた画家たちの姿勢と洞察力に多くの事を学びながら「今」を表現できないかと考えております。

私どもの小さなコレクションは、「海を渡った画家たち」を中心とした作品でしかありませんが、日本から世界の美術運動に挑戦し続ける、新しい世代のアーティストたちのコレクションも加わりつつあり、いつの日にか同時代を生きた双方の画家たちの夢の対決が実現できればと思っております。

皆様のご協力とご指導を切に願っております。

軽井沢現代美術館について

軽井沢現代美術館は2008年夏、緑あふれる軽井沢に開館しました。
海を渡り海外で高い評価を得ている日本人アーティストの作品をコレクションし、テーマに合わせて展示をしています。
軽井沢駅から車で5分、高い木々に囲まれた傾斜のある道を進むと美術館のゲートが見えてきます。JRの保養施設であった建物を譲り受け全面的にリノベーションしています。軽井沢の自然の外光を取り入れたユニークな館内は、奥行50mのメイン展示室、2階企画展示室、ギャラリーに分かれており、ゆっくりと作品と向き合うことのできる空間となっております。
2階企画展示室では年2回の企画展を開催します。
2階ギャラリーでは版画作品から彫刻まで、コレクターの方にもご満足いただけるラインナップでご提案させていただいております。
レセプション前のミュージアムグッズコーナーにはオリジナルノートやバックを始め、来館の記念になるようなアートグッズを取り揃え、幅広いアーティスト書籍も自由にご覧いただけます。
カフェコーナーでは入館料に含まれるお茶とお菓子をサービスしています。紅茶はマリアージュ・フレール、りんごジュースはこだわりの信州産ストレートジュースを使用。館内鑑賞後のくつろぎのひと時に大変ご好評いただいております。

軽井沢現代美術館へのオマージュ

ミュージアムとはアートと社会との出会いの場であり、社会とは人々のことであるが、その出会いの場が美しい自然の中にあれば、アートとの出会いの悦びは一段と高まることであろう。
軽井沢現代美術館は、雑然とした都会の喧騒と隔絶した軽井沢の林の中で、味わい深く美味なる息遣いの出来るアートとの出会いの場なのである。
優れた美術館には当然独自のコンセプトがある。
当館は、創設者谷川憲正氏の長年にわたる優れた美意識により、海外でも特に評価の高い日本人作家を中心として、油彩、立体、彫刻等、様々なジャンルの作品が収蔵展示されている。
人々は、草間彌生の絢爛たる色彩、細密なタッチや造形の奇想に驚き、近年世界的にも注目されている村上隆の絵画作品などになるほどと得心することであろう。また、奈良美智の巨大なオブジェに圧倒されるとともに、今後が期待される若いアーティストの優れた作品も体感することができる。
印象派ばかりに食傷しておられる世の識者の方々に、そして美への感性に優れた若い美術愛好家の方々に、目が覚めるような現代美術の名品に接する至福を保証しつつ、必一見をお勧めする。
そして、展示作家の版画作品などが、リーズナブルな価格で手に入れることが出来るのも、この館の特徴の一つとなっている。
このユニークな美術館のさらなる発展を祈念いたしたい。

西崎 清久(元東京国立近代美術館館長)

コレクションについて

軽井沢現代美術館に収蔵されている作品のご紹介です。

「桃園」1988年以前 キャンバスに油彩 白髪一雄
「桃園」 1988年以前 キャンバスに油彩 白髪一雄
「黄色いひかりと白いひかり」1986年 キャンバスにアクリル 元永定正
「黄色いひかりと白いひかり」 1986年 キャンバスにアクリル 元永定正
「WORKS」 1968年 板にアクリル 田中敦子
「WORKS」 1968年 板にアクリル 田中敦子
「作品」1963年 キャンバスに油彩 今井俊満
「作品」 1963年 キャンバスに油彩 今井俊満
「かぼちゃ」1982年 キャンバスにアクリル 草間彌生
「かぼちゃ」 1982年 キャンバスにアクリル 草間彌生
「Untitled」1968年頃 スカートに油彩 草間彌生
「Untitled」 1968年頃 スカートに油彩 草間彌生
「女の子」キャンバスにアクリル ロッカクアヤコ
「女の子」 キャンバスにアクリル ロッカクアヤコ

【主な収蔵作家】
アイオー/荒川修作/イサムノグチ/今井俊満/上前智祐/岡本太郎/川俣正/木村忠太/草間彌生/桑山忠明/白髪一雄/菅木志雄/菅井汲/関根伸夫/高崎元尚/田中敦子/堂本尚郎/流政之/名坂有子/奈良美智/名和晃平/浜口陽三/東恩納裕一/藤田嗣治/前川強/間部学/南桂子/宮脇愛子/村上隆/元永定正/安田侃/ロッカクアヤコ

海画廊について
海画廊について

世界有数の本の街、神保町において約30年、海画廊は“美術品を一番買いやすいギャラリー”をモットーに、主に版画を中心とした200点余りの作品と、カタログレゾネなどの美術書籍を取り揃えています。
神保町の老舗「三省堂書店」の4階オープンスペースにて、お手頃な作品から資産性の高い名品にいたるまで、豊富なデータをもとに美術品を分かりやすくご紹介しておりますので、サラリーマンやOLの方はもとより、多くのコレクターの皆様にも親しまれています。
2008年には、軽井沢町に「海を渡った画家たち」をテーマに収集していた作品を収蔵する「軽井沢現代美術館」をオープン。
世界の新しい美術運動に挑戦し、国際的に高い評価を受けたアーティストの作品をご紹介しております。(入館料にお茶とお菓子のサービスが含まれます)
今後とも、皆様の琴線にふれるような作品を充実させ、ご期待に添えるよう努力いたしたく存じます。 皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

海画廊
【所在地】 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1 三省堂書店神保町本店4階
【電話番号】 03-3233-3359
【ホームページ】 www.umigallery.net
【E-MAIL】 info@umigallery.net
【営業時間】 10:00〜20:00
【定休日】 元旦
【アクセス】 地下鉄神保町駅(半蔵門線・都営三田線・新宿線)A7出口より 徒歩3分
JR・地下鉄丸の内線 御茶ノ水駅 徒歩6分
地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩5分
取り扱いアーティスト

藤田嗣治・草間彌生・木村忠太・篠田桃紅・菅井汲・堂本尚郎・白髪一雄・奈良美智・浜口陽三・南桂子・ ピカソ・ミロ・シャガール・ウォーホル・カトラン

ジャンル

国内外の絵画・版画・彫刻・挿画本・カタログレゾネ

Concept

We at Umi Gallery have been tracing the footsteps of those artists who“ crossed the oceans.” The epoch-making art movements in Paris and New York at the beginning of the twentieth century stimulated the Japanese art scene,and an estimated 300 to 500 Japanese artists moved their activities abroad. Some of them earned international accolades,and it is truly moving to see their works,the products of their hearts and souls in foreign lands when Japan was still a poor country. Leaving Japan for Paris in 1917,Tsuguharu Foujita gained a status as a rising star of the École de Paris.A long line of Japanese artists,following in his footsteps, went abroad to build their careers first in the French capital and later in New York as the center of artistic activities shifted there. Our collection is built around those artists who continued to work and show in these two cities over a long period of time,achieving a high reputation and yet not coming back to Japan : in Paris Tsuguharu Foujita,Kumi Sugai,Kiyoshi Hasegawa and Chuta Kimura,and in New York Yayoi Kusama,Shusaku Arakawa among others. Meanwhile, there were also many painters active at that time who remained in Japan and devoted themselves to equally revolutionary art movements.While learning from the lives and insights of those pioneers who plunged into worldwide art movements,we hope to represent the current age as well.
Our collection is at present built around those“ artists who crossed the oceans”. However, alongside our expanding collection of works by a new generation of Japanese artists who are based in their homeland, rising to the challenge of the world’s art movements, it is our ambition to someday provide a virtual arena for both groups of artists who lived in the same era but were separated by oceans.
Your guidance and support will be greatly appreciated.

An Homage to the Museum of
Contemporary Art, Karuizawa

A museum is where art and society meet. As society is the sum of all people, when a museum is surrounded by beautiful natural scenery, it further heightens the pleasure of this encounter.
The Museum of Contemporary Art, Karuizawa is a fitting place to experience these artworks, which are allowed to breathe more fully amidst a wood far from the bustling crowds of the city.
Great museums are always based on unique concepts. In accordance with founder Norimasa Tanigawa’s long-standing keen sense of aesthetics, this museum’s collection centers around Japanese artists who are internationally esteemed, and spans many genres, including oil painting, 3D art, and sculpture.
Here, you can be taken aback by the dazzling colors, fantastic forms and finely detailed touch of Yayoi Kusama’s work, be won over by paintings by Takashi Murakami who has been attracting worldwide attention in recent years, and be overwhelmed by Yoshitomo Nara’s enormous objéts d’art while being filled with excitement for a new generation of up and coming artists.
For those who have grown tired of impressionism, or for young art lovers with great aesthetic sensibilities I guarantee a blissful time with masterpieces of contemporary art. This is not a place to be missed.
Another aspect of the museum is that visitors can purchase prints or other works by the exhibited artists.
I extend my very best wishes for the continuing growth of this unique museum.

Kiyohisa Nishizaki
Former director of the National Museum of Modern Art, Tokyo

Umi Gallery

Located in Kanda Jimbocho, one of the world’s most prominent bookshop districts, Umi Gallery has been offering works of art for about 30 years just a stone’s throw from Marunouchi, the very Center of Tokyo. Staying true to its motto of being “the easiest gallery to buy from”, Umi holds over 200 artworks with a wealth of related information and materials on offer.
Our open-plan gallery on the 4th floor of the Jimbocho flagship store of Sanseido, a long-established and large-scale bookstore, provides a friendly welcome to casual visitors as well as avid art-collectors who visit us frequently from all over Japan.
Our collection comprises a wide range of artists including Miró, Chagall, Warhol, and Tsuguharu Foujita, as well as contemporary world-class Japanese artists such as Yayoi Kusama, Yoshitomo Nara and Takashi Murakami. We are happy to ship any of your purchases from the collection overseas.
In 2008 we opened the Museum of Contemporary Art, Karuizawa in the popular summer resort of Karuizawa, focusing on Japanese artists who went overseas to challenge new art movements of the world and thereby won international acclaim.
We look forward to welcoming you at Umi Gallery and the Museum of Contemporary Art, Karuizawa.

Information
【Address】 4F Books Sanseido Jimbocho Main Store,
1-1 Kanda Jimbocho, Chiyoda-ku, Tokyo, 101-0051
【Phone】 03(3233)3359
【E-mail】 info@umigallery.net
【Open】 10:00〜20:00
【Closed】 New Year's Day(only 1st January)
【Getting here】 3 mins walk from Exit A7, Jimbocho Subway Station
(Hanzomon, Toei Mita & Shinjuku Lines)
6 mins walk from Ochanomizu Station, JR or Subway(Marunouchi Line)
5 mins walk from Shin-Ochanomizu Station, Subway Chiyoda Line
Umi gallery is an open space gallery

We introduces various artist in Japan and the world such as Yayoi Kusama and Yoshitomo Nara, Takashi Murakami, Buffet, Chagall and so on.
In addition, rare art-related catalogue raisonne is sold in Umi gallery.
We are very much looking forward to seeing you.

Page Top